スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ジブリ最高ーーっ!!!

もぅ、昨日のハウルはヤバかったです><
久しぶりにハウルさんの魔法にかかったカンジですっvvv(←馬鹿
書き出したら止まらなそうなので‘READ MORE...’の方で語ります><
読みたい方だけドウゾvvv
…というワケで語りますv覚悟して下さいっ!(は;

まず、多少核心からずれた話の様ですがハウルを語る際に欠かせないのは音楽です。
ハウルの様な壮大なスケールを描く映画には、本当にオケがあいますよねvvv
特に、櫻は久石嬢さんの大ファンなのであのハーモニー等はたまらないですっ!!
そして、特に好きなのは‘人生のメリーゴーランド’です。
あの、メロディーの裏に隠れたホルン等の副旋律は素晴らしいです><
そういうちょっとした部分が映画内で華やかさを演出するんですよ、きっと!
ちょっと脱線しますが、もののけの祟り神がでるシーンの音楽も背筋がゾクゾクしませんか?
あれも、映像と一体化してこそ雰囲気が出るのでしょうね♪

そして、本題。
‘ハウルの動く城’の最も面白い所は、原作と全く話が一致しないところです(苦笑
いえ、櫻は実は原作の方が好きなのですが、映画と原作ではキャラクターの性格や容姿、
はたまた性別まで見事に違うのですよ!
ハウルなんか、原作では臆病なだけでなくナルシーな上にえらくワガママですし、
ソフィーも実は魔法を使えちゃってます。(読んだ人には分かると思いますが^^;
そして、サリマンなんか原作では‘ベン’という名で立派に男性ですし、
マルクルはいなくて、変わりにマイケルという青年が住んでいます。
そして、何よりカルシファーが可愛らしくないのです!
城も空中に浮いていますし…。
この一致しないカンジも、また新鮮で楽しいのです!!
読んだことがない方は、一度、原作一巻の方を読んでみることをお勧めしますv
そして、映画内の話に戻りますが、見どころとしましてはやはり、ソフィーの恋ですよねv
最後には無事に成就してくれて、スッキリいたします^^(いえ、もののけ姫等は、
何処か物足りない気がしてしまって…;
最後のソフィーのキス魔状態には少々まいりますが、
あれでハウルが妬いてくれると楽しいですよねv(妄想だ;
とにかく、9歳差カップル万歳!!(ウザっ
最後のシーンも帽子に隠れて見えませんが、本当にうっとりしてしまいますv

…と、そんなこんなで長くなりましたが、一言いえることは
ハウル格好いい~vvv
ということです。本当に惚れ惚れさせていただきました><b

では、ここまで読んで下さった方々、ありがとうございましたv
次回からはきちんと小説書きますね;
スポンサーサイト

コメント

ハウルぅぅ!!
ジブリってあんまり好きになれないような気がしていたのですが
ハウルにははまりまくりましたよ!!!
ハウルカッコイイですよね☆★☆★☆
原作は今友人に借りて頑張って読んでいます;;
なんでマイケルがマルクルになったのかはよく知りませんが
とりあえず面白いんで気にしない事にしますww
いやいや乱文失礼仕りましたぁ
では☆

◆仁望先輩◆

こんばんは、仁望先輩^^
ジブリはあまりお好きではないですか…;
でも、ハウルいいですよねっ!?
ジブリもさることながら原作の方も楽しいですよねぇ~vvv
ハウル風邪のシーンまでいきましたか?
あの駄々っ子ぶりには萌えますよ><v
おっと、これ以上喋るとネタバレになりそうなので…;
では、こちらこそ乱文失礼仕りました;(ぉぃ。

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://bokumonoaishiteruv.blog61.fc2.com/tb.php/53-3cd94fa5

 | HOME |  ▲ page top


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。